logo
  • blog
  • my books

2017/11/26

ミレーについてラジオ深夜便で。

毎月第三月曜日の深夜(火曜日の朝)に放送されている
「ラジオ深夜便 大人の教養講座」で、
今回はバルビゾン派の代表画家、ミレーについてお話ししました。
『落ち穂拾い 夏』は日本で見られる
私のお気に入りの一枚です。

ミレー『落ち穂拾い 夏』
バルビゾン村にも何度か行く機会がありました。
ミレーのアトリエがまだ残っていて、
当時の雰囲気を味わうには最高ですが、
作品を手軽に鑑賞するには
山梨県の甲府にある山梨県立美術館の
ミレー館はおすすめです。
ミレーの世界に浸るにはぴったりの空間だと思います。
番組の中でも触れていますので、
良かったらお聞きください。
「ラジオ深夜便、聞き逃しサービス」
にリンクしました。
2017年11月21日(火曜日)の0時台を選んでいただき、
0:24分頃にカーソルをあわせていただければと思います。
結城昌子

comments (0)

2017/11/22

すごいぞ!ニッポン美術

私の新刊、『すごいぞ!ニッポン美術』
本日発売されました。
私にとって日本美術をひもとくことは、
西洋名画のそれとは全く異なる新鮮な挑戦でした。
今まで出会ってきた、たくさんの子どもたちの顔を
一人一人思い浮かべながら、
心を込めて書き下ろさせていただきました。
画像の選定、構成、文、デザインをすべて
私とスタッフで行っています。
すごい絵師たちが、守り続けてきた
美しいニッポンの心を美術作品を通して
感じてもらえたら嬉しいです。
良かったら是非書店でご覧ください。
すごいぞ!ニッポン美術
表紙は、川瀬巴水です。
結城昌子

comments (0)

2017/11/07

ボスの映画が公開されます。

「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」という映画が
12月に渋谷のシアター・イメージフォーラムにて公開されます。
ボスと言えば、レオナルド・ダ・ヴィンチと同年代に
北方ルネサンスの地、フランドル地方で活躍した画家です。
昨年がちょうど没後500年です。
こちらで予告編が見られます。
bosch-movie.com
映画:謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス
eiga.com/news/20171011/17/1/01/
公開に先立って見せていただきましたが、
ボスの『快楽の園』の細部をゆっくり、
大きな画面で見たい方にはおすすめです。
たくさんの部分が丁寧に映し出されています。
その奇抜な想像力は圧巻です。
映画として面白いかどうかというより、
ただただ、作家、アーティスト、音楽家…など
様々な立場の方々が画家ボス、あるいは『快楽の園』について
思い思いのことを語っているので、
この難解な絵を見るにあたってのヒントがいろいろありました。
そういう意味で
ボスに全く興味や関心がない方にはちょっと単調かな?
とも思います。
私が興味を持ったのは、この作品の元の題名が、
『多様な世界』あるいは『いちごの絵』だったということです。笑
こんな題名だったら、みんなが目を凝らしていたでしょうか。笑
考えてみれば『快楽の園』という題名が、
この作品をさらに興味深く、凄い物にしていたのですね。
私はこの作品をプラド美術館で見たことがありますが、
あまりの細かさにびっくり!
ブリューゲルもそうですが、北方の画家たちは
もの凄く目がいいんだと思わずにはいられませんでした。
今で言えば極細のボールペン並みの細く繊細な線。
それを筆で描いていたのですから、
もはや執念ですよね。笑
結城昌子

comments (2)

2017/10/25

「小学館あ〜とぶっくシリーズ」が中国で。

すでに、このシリーズは
中国語(繁体字)に翻訳され台湾で出版されています。
今年、中国(大陸)の出版社から日本の出版社を通して
オファーをいただき、翻訳出版されることになりました。
残念ながら、まだ<簡体字>でのかき文字の
仕上がりは見ていないのですが。笑
ご存知のようにこのシリーズは、
名画や画家の美術史的解説の本ではありません。
私が個人的に感動したことを創作的に構成し直し、
子どもたちのために小さな物語にしたものです。
ゴッホの、<うずまきぐるぐる> とか、
ピカソの、<あっち向いてホイッ!> とかは、
中国ではどういう表現になるのでしょうか。
伝わるのでしょうか。
正直、ちょっとドキドキしています。
結城昌子

中国語版アートブック

スーラの絵本
台湾版の『スーラの絵本』です。

comments (0)

2017/10/21

『名画ここどこ』の活用法

親しい方からこんなお話をいただきました。
「母が入院することになり、『名画ここどこ』をプレゼントしました。
ベッドの上でも遊べて、ボケ防止にも繋がってくれたらと思って
持っていくと、早速ページをめくりはじめました。絵を見て微笑む
母を見るのは久しぶりでした。」
嬉しかったので、
文面を紹介させていただきました。
そうなんですね。
子ども向けのトイが高齢者にもぴったりという話は
最近テレビなどでよく見かけます。
アート好きとか、そうでないとかに関わらず
部分探しは脳の活性に繋がるようです。
そういえば笑い話のような話ですが
うちのスタッフのひとりは、母親用と思って偶然購入した、
おそらくキッズ用の「まちがい絵探し」という冊子を自分で
ベッドサイドに置いて、毎日やっているうちに
なんとなくクセになったようで
「これが案外むずかしくて…」なんて笑っています。
(おいおい、文字や図形をふだんおいかけているキミが
そんなことでどうする!)
いい絵は時に絶大な力を発揮してくれます。
遊びながらその力を実感してほしいです。
お見舞いなど、ご高齢の方にもご活用いただければ、
作者としてはこの上ない喜びです。
Kさん、ありがとうございました。
名画ここどこ: 小学館あーと知育ぶっく
< 結城昌子

comments (0)