logo
  • blog
  • my books

2011/05/19

6月〜7月

来月と再来月の結城昌子の予定です。
6月25日(土曜日)、東京の国立(くにたち)駅前の公民館、図書室で
ピカソについてのお話しをさせていただきます。入場は無料。
時間等詳細は、042-572-5141へお問い合わせください。
近づいたらまたご案内させていただきます。
6月28日に小学館から
古代ギリシャのいいこと図鑑」という子ども向けの本が出ます。
印象派や20世紀アートを扱う結城昌子の小学館あーとぶっくで
新しいシリーズ(「美のおへそ」と命名されています・笑)がはじまります。
7月13日、慶應丸の内シティキャンパス定例講演会「夕学五十講」で
講演をさせていただきます。
7月23日夏休みがはじまる日は
今年も徳島・鳴門の大塚国際美術館で子ども向けイベントです。
今年はどんな内容になるのでしょうか。
ご期待下さい。
管理人may

comments (4)

2011/04/10

マスクっておしゃれ!

マスクをするのイヤなお友だちもいるよね。
みんながしていないとき、自分だけ目立ってしまうのも
イヤだよね。
そんなときは、マスクがおしゃれな小物のひとつだと
思ってみよう。
髪につけるアクセサリーだって、もともとは髪をまとめる
ものだし、ソックスだって足を守るためにある。
マスクだって同じだよ。
見えない汚れからみんなを守るためにある。
絵をかいたりシールをはったりして
楽しんでみたらどうかな?
たとえばこんなふうに!
mask_renoir_1s.jpg
11041004.JPG
写真も文字もクリックすると大きくなります。
ちなみに絵は、フランスの画家ルノワール作の
「草花の花束をもつ少女」(1888年)の部分です。
結城昌子

comments (1)

2011/04/10

お母さま、先生方へお願い。

私は放射線の専門家ではありません。
だから余計な心配をしているのかもしれません。
でも、テレビに映る原発周辺の子どもたちが
マスクをしていないことが気になってしかたありません。
きっとどこかに大丈夫だという思いがあるのでしょう。
けれど、せめて運動場で遊ぶ時だけでも
マスクをさせてあげてください。お願いします。
どうかお願いします。
結城昌子

comments (0)

2011/03/15

原発の現場の方々

原発の現場で、多くの命を守るために自らの命を差し出して
懸命に働いてくださっている方々を思うと胸が苦しくなります。
皆さんの献身に感謝し、安全を祈っています。
結城昌子

comments (1)

2011/03/15

地震、津波、原発事故・・・

もはや「頑張れ」とか「大丈夫」という言葉が
空しく聞こえてきますね。
被災した方々の痛みを思うと胸がつぶれそうです。
いつまで我慢すればいいのでしょうか。
先の見えない避難生活を強いられている多くの方々は
何を信じ、何を待てばいいのでしょうか。
それにしても報道は同じような内容を繰り返すばかり。
政府の情報も遅すぎますよね。
テレビも通じない方々に「ネットで確認してください」なんて
理不尽きわまりないです。
日本の誇る美しい町がいくつも失われてしまいました。
明るく生きてきた人々の気丈な心も折れてしまいそうです。
被災を免れた私たちは、ささやかでも、いま出来ることを
こつこつと積み重ねていきましょうね。
結城昌子

comments (4)