logo
  • blog
  • my books

2021/04/06

『これが鳥獣戯画でござる』

子どものための名画の絵本
『これが鳥獣戯画でござる ニッポンのわらいの原点』
が4月1日に発売になりました。

良かったら書店などでみてやって下さい。

多分、4月13日から開催の東京国立博物館「鳥獣戯画のすべて」
の展覧会の特設売り場か東博のミュジアムショップでも
みることができると思います。

結城昌子

comments (0)

2021/04/06

ラジオ深夜便 美術館に行きませんか

一昨夜、ラジオ深夜便の生放送を終えました。
2ヶ月に一回というのんびりとしたスケジュールですが
楽しく続けさせてもらっています。

実はこの一年、新型コロナの感染予防のため、
ずっと電話で出演していました。

ラジオ深夜便は収録で4年、
生放送になってから4年目をむかえたので
そろそろ慣れてきてもいいのにな、と思いながらも
情けないことにマイクを前にすると
やっぱり緊張してしまいます。

一昨日は久しぶりのスタジオだったためか、
なおさらでした。

もし良かったらこちらで聴いていただければと思います。
今週いっぱいこちらで聴くことが出来ます。

深夜便ナイトガイド
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0324_07_343809
美術館へ行きませんか 4月4日<日曜日>午後11時05分〜

放送でお話しした鳥獣戯画についての内容では
伝わらなかった気がしています。
ここに追記しておきますね。

現在みることができる甲巻の唐突なおしまいは
どうも当初作り手が描いた終わり方では
なかったようです。
ホノルル美術館の<模本>を見てみると
大蛇が登場し、みんな逃げまどうように退散しています。
これが本来の姿だったようですね。

鳥獣戯画は、もちろん最初は
ひとつながりで描かれていたわけですが、
長い歴史の間に<錯巻>が起こり、
途中が失われたり、前後入れ替わってしまったり
したようです。

他に放送では「コンスタブル展」と「あやしい絵展」についても
お話ししました。
どちらもとても充実していて良かったですよ。

結城昌子

comments (2)

2020/12/19

レンブラントは誰の手に?

すっかり更新を怠ってしまいました。

みなさま お元気ですか?
せっかく休館していた美術館が開いたというのに、
なかなか新型コロナ、終息してくれませんね。

今日は久しぶりに
来春に封切り予定の映画のご紹介です。

「レンブラントは誰の手に?」です。
私は先日試写で見せていただきました。

この映画、(ネタバレになってしまうかもしれませんが)
レンブラント絵画に魅せられた、
画商や研究者や修復家やコレクターが、
新しく発見された絵を自分の物にしようとするさまや、
真贋を巡るさまなどが描かれたドキュメンタリー風の作りです。
パリのロスチャイルド家が所蔵していた作品を
国外に渡したくないルーヴル美術館と
自国へ持ち帰りたいアムステルダム国立美術館が欲しがる様子など、
現代のレンブラントを巡る様々な人間模様がおもしろかったです。

中身は実に大真面目なのですが、
レンブラントの作品を買うことなど
想像も出来ない私にとっては、登場人物たちの必死さが
どことなくユーモラスにさえ感じられて楽しかったです。

一般的に言われる「光と影のコントラストが…」なんて言う
ヤワな(笑)説明など一切無く、
心からレンブラントを愛する現代の人たちの言葉には説得力があって、
今までとは違ったレンブラントの魅力を垣間見た気がしました。

見終えたその日は、思わず手元にあった画集をめくっていました。

結城昌子

comments (4)

2020/08/10

モネの館のミュジアムショップ

ラジオでお話しした、ジヴェルニーのモネの館。

そこにあるミュジアムショップでは、ガーデナーとしての
モネを彷彿とさせるガーデングッズが並んでいました。

今もまだ、こんな風に並んでいるのでしょうか。

結城昌子

comments (0)

2020/08/05

ゴッホの教会


放送中に話に出た、オヴェール・シュル・オワーズに今も残る教会です。
クリックすると大きくなります。
絵の中の人物の位置に小さく立っているのが私です。笑


パリ、オルセー美術館に展示されている
ゴッホの「オヴェールの教会」の作品はこれです。

比べてみるとゴッホがカラーリストだったことがよく分かります。
右奥の屋根はゴッホはオレンジ色に描いています。
現地に行ってよく見ると、コケに覆われていてとてもオレンジ色には見えませんが、
ゴッホの頃はまだコケがなくて、その下の赤い煉瓦屋根が見えていたのかもしれないと思ったりしました。

なんと言っても作品を決定づけているコバルトブルーの強烈な空は
ゴッホならではの世界ですね。


弟のテオと並んでいるゴッホのお墓です。
この時は12月でしたので、
残念ながらひまわりの花はありませんでした。
なので、ゴッホか好きだった黄色い花にしました。

結城昌子

comments (2)